namasunomasuのブログ

おっさんです。釧路での日常日記。短いのでチラッと顔だしてさ、お茶でも飲んでって。

はっけよーーーい のこった!のこらなかった!

セクハラセクハラと呪文のように文字が踊っている。どこからがセクハラにあたるのか?言葉にしても動作にしても、異性に対してジェスチャーで会話をするのが合っている。ある程度の距離を取り、目線は合わせず短いやり取りで終わらせる。これが一番いい。長くなると色々と目につくから、こちらが意識をしていなくても、相手側の感覚は分からない。

「話してる時、じっと見てくるよね」なんて言われても、こちらは普通に見ているだけだ。ここの差異が難しい。ミラーサングラスをかけるのが正解。

「しゃべってる時の口の動き、気持ち悪くね?」これは、どうしようもないだろ(笑)マスクをしよう。

なんとも言えない笑っちゃう話しだけど、なんでもかんでも「言えば」いいってもんじゃない。

行司さん同士でも「セクハラ」になるのだから、怖いな。

最近では、歩くだけでも気を遣う。混雑している時はあえて遠回りして違う道を選択したり、あえてメンズが多そうなルートを選んでいた。

しかし、「行司」の件があっては、この選択は危険だ。

最後は、家から出ないこと。これが正解だろう。

個人的に思うのは、相手から見てタイプの人だと、ハードルが地まで下がるという現実(笑)

だって、タイプなんだからしょうがない。反論はできない。

だって、タイプなんだから。

だってしょうがないじゃない。が流れるわ(和田アキ子さんの歌です)

触るのは当然アウト。言葉にも気を遣え。要件を伝えて終わり!余計な話はするな。権力を見せるな。

こんな社会かな。それとも昔から変わってないのかな。